シルクとは

お肌の成分に近い
約20種のアミノ酸を含む
「タンパク質繊維」

シルクは、蚕(カイコ)の繭から作られるタンパク質でできた天然繊維です。

アラニン・グリシン・チロシンなどの、お肌の成分に近い約20種のアミノ酸が数百~数千も結合した純粋なタンパク質繊維で、繊維素材としてだけではなく、ひとの皮膚や健康にもよい多くの機能を持ち合わせています。

人体からは1日ほぼ1リットルの水分が発散されています。衣服には、この水分を吸収して外に放出する通気性が着用時の快適さに関係します。天然繊維の中でも、シルクは綿の1.3~1.5倍の吸水性があり、放湿性も綿に遜色ない特徴をもっています。

また、シルクは繊維自体が微細な多孔質構造をしており、繊維の間に空気をたくさん含むことができます。空気の部屋をたくさん持つことで外の暑さ・寒さに影響されにくく(熱伝導率が低い)、快適に保ちます。


さらに、吸湿性に優れていて放湿速度が大きく、保温性にも優れた繊維で、軽やかな薄さとしなやかな特性を持ちながら、「冬は暖かく、夏は涼しい」快適な天然のエアコン素材です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP